0

働けど働けどお金が増えず…

Posted by namadai on 2016年7月1日 in 未分類 |

私の家はもともと貧乏です。
産まれた時から貧乏なので、貧乏であることを苦に思ったことはあまりありませんでした。

お金持ちの友達の子を見ていると、少し羨ましい気持ちもありましたが、まあ、こんなものだろうと暮らしていました。

しかし、昔から母の金使いが荒いのです。
お金がないのに、あれを買ってきたよ、これを買ってきたよ、旅行に行こうか、など、どこにそんなお金があるのかと昔から呆れていました。

挙げ句の果てには、祖父などからもらっていたお小遣いを貯めていた私に、お金を貸してと言ってきました。

家のためなら仕方ないと貸しましたが、返ってきたのは1年以上も後です。
その後も、何度も貸してくれと頼まれ、長い間返ってこないということの繰り返しでした。

お金を貸している間、友達と遊ぶことを我慢していたので、私の不満は爆発しそうでした。

歳の離れた兄もいるんですが、もうとっくに結婚して転勤で遠くに住んでいます。

そのような生活を続け、やっとバイトができる年齢になりました。
無事バイトも決まり、いっぱい稼いで友達と遊んで、1人暮らしをする為にお金を貯めようと張り切ってバイトをしました。
コツコツと真面目にバイトをしていたので、バイト先でも褒められることが多くなってきて楽しくなってきました。

初めて給料をもらった時はとても嬉しかったです。
そんな嬉しさも束の間。私がお金を使うよりも貯めるタイプだと知っている母は、今までにない額を貸してと頼んできました。
私にとってはその額は大きく貸すのがとても嫌でしたが、生きていく上で必要なお金なので仕方ない、とまた貸しました。

そのお金が返ってきてないのに、1ヶ月後にまた前よりも大きい額を貸してと頼まれました。

家賃などを払わないといけないと言われ、住む家がなくなると困るので泣く泣く貸しました。
税金が払えないからと言われたり、その後も何かと理由をつけては大きい額を貸してと頼んできます。

母に貸しすぎて貯金もほぼなくなってしまい、今では友達と遊ぶことも難しい状況にまできてしまいました。
貧乏には慣れている私ですが、さすがに今回だけは参りました。

今も貸した分はまだ返ってきてないので、それが返ってくると少し余裕ができますが、本当に返ってくるか心配です。
これ以上、もう貸さないと決めたのでもう貸しませんが、バイトでまた一から貯め直しです。
早く1人暮らしをするために家を出たいのですが、お金が貯まりません。
本当に困っています。
母がしっかりしてくれることを願うばかりです。

0

友人といったパチンコでの体験

Posted by namadai on 2016年2月17日 in 未分類 |

私はギャンブルをやりません。そんな私が友人に連れられていったパチンコで体験した失敗です。
長年の友人である彼とは、月に一度会って話をする間柄でした。

彼は大のパチンコ好きで、週に一度はパチンコに通う状態でした。勝った!負けた!と、話では聞いていましたが、一緒にいくことはありませんでした。

そんな彼と、いつものように会って食事をしながら近況報告をしていると、珍しくパチンコに誘ってきました。いつもなら全く関心を示すことのない私ですが、彼女と別れ、楽しみもなくなっていたときの誘いだったため、社会勉強のつもりで行ってみることにしました。

勢いは怖いです。なんとなくも怖いです。その日は、その二つが一気に押し寄せてきた感じでした。

パチンコの仕組みすらわからない私は、お金の入れ方から操作方法まで彼に教えてもらいながらやってみました。隣では大当たりしていて、どんどん玉が出てきます。

見ているだけでも楽しいものですが、私も当たりを出したいと、真剣にパチンコ台を見ていました。すると、いつの間にか当たりがあったようで、パチンコ台が賑やかになっています。

光や音が溢れ、どんどん玉が出てきます。友人を呼び、とう対処したら良いか聞くと、そのままやり続けろということで、賑やかな光景を眺め続けていました。

その日は大勝でした。座ってパチンコ台を眺めているだけで、いつの間にかお金が増えていました。こんなことがあって良いのかと思うくらい、本当にうれしかったのを覚えています。

そんなことがあってからも、一人ではパチンコにはいかなかった私ですが、当時実家に住んでおり、親と些細なことで言い合いになったことをきっかけに、パチンコに行ってしまいました。

賑やかで明るい場所であるパチンコ店は、むしゃくしゃした気持ちを紛らわせてくれました。前回勝った金額までと決めて打ち出したのですが、今回は全く反応しません。

いつの間にか前回の勝ち分は消え、さらに財布からお金を出していました。いつか当たるだろう、一回当たったら帰ろうと、そんなことを考えている間に財布は空っぽになっていました。残り少なかった今月の生活費まで使ってしまいました。

いつのまにか、生活費までもパチンコの軍資金にしてしまっていました。。。

パチンコは、勝つと楽しいし、お金が増えていきます。逆に、負けると一瞬のうちにお金がなくなっていきます。最初にお金を増える経験をしたことが、いつか当たるだろうと根拠のない自信を生んでしまいました。

お金は大切に使わないといけない。改めてそう思わせてくれる損の経験でした。

0

金銭感覚が狂ってしまう自信があるからカードローンは利用しない

Posted by namadai on 2016年1月9日 in 未分類 |

自分の力で稼ぎ出したわけでもないのに突然に多額の現金をゲットできてしまうカードローンは、お金のことで困っている人にとっては女神のような存在だと私は思います。

きちんとした返済計画を立ててさえいればカードローン会社は優しく接してくれるので、自己管理ができている人が利用する分には何ら問題はないと考えられます。

その一方で、私のような人間がカードローンを利用し始めたのなら、遅かれ早かれ自己破産してしまいかねません。

それほどまでにカードローンを利用した先の結末を書き切ることができるのには、れっきとした理由があります。

祖母が入院したときがあったのですが、当時の私は高校二年生でした。病院に医療費を支払わなければならない状況になり、急きょ手が空いていた私に父が8万円を代理で支払ってくるようにと言いました。

私は強い責任感を持って任されたことを全うするつもりでいましたが、病院までの道中で心変わりしました。

どうせ自分自身で稼いだお金ではないので、あまり重要性が感じられなかったのかもしれません。

当時欲しかったブランド物の洋服やスニーカーを購入しに行ってしまい、父から渡されたお金は1万円程度しか残りませんでした。

こんな私は高校卒業と同時に勘当されてしまい、現在は除染作業に勤しんでいます。過酷な現場で稼いだお金をむやみに使おうとは思わないので、カードローンのように努力しなくても現金が手に入ってしまうサービスを利用すれば私は大変なことになってしまうというわけです。

免許を取る時は、自分でローンを組んで教習所に通っていました。勘当されていたので、何もかもすべて自分で工面していかなくてはなりませんでした。※免許ローン

カードローンを利用したいという気持ちはあり、その理由は生活費を工面するためです。

しかしながら、私の性格を冷静に分析してみればカードローンで借り入れたお金を素直に目的のために使うことができるのかどうか怪しいです。

ここからは推測の域を出ませんが、十中八九私はカードローン会社が融資してくれたお金を個人的な趣味のためだけに使ってしまうだろうと思ってしまいます。

0

引越し費用の相場

Posted by namadai on 2015年10月17日 in 未分類 |

引越し費用の相場と料金の目安について書きますね。

引越し費用は、荷物の量や移動する距離、引越しをする時期によって大きく変わってくるものなのです。

引越しの時期は、繁忙期とオフシーズンの分けると2つあります。繁忙期は新年度の始まりなどで引っ越し業者が混み合う3月~4月、それ以外の時期が基本オフシーズンとなります。

利用しようとおもう引越し業者のサイトを見てみると、最近ではネットから予約フォームより依頼することが可能となっているので便利!!また、引越し費用がどれくらい掛かるのかシミュレーションツールとしても利用できるようになっているので使ってみるといいですよ。

今から紹介する料金はオプションサービスの料金は含んでおらず、引越し条件によって料金も変動するので実際の料金とは異なることがあるのであくまで目安です。

では、まずオフシーズンと言われている時期の料金相場です。

引越しの料金は曜日によっても変わるので、引越しまでに余裕がある方は日程の候補をいくつか出して料金を比較するといいと思います。繁忙期に比べると予約もより易くなっています。

近距離(20㌔以内)~長距離(300㌔以内)、単身~4人家族まで料金は変わりますがが単身等で一番安い金額で4万円以内~4人家族等の一番高い金額で17万円以内の相場です。
家族が多くても近距離であれば6~8万円ほどで収まりそうです。

作業や引越し開始時間や曜日を調整することによってさらに安くできることができるので引越し業者に相談してみるのもありですね。
では、繁忙期ではどれくらい料金があがるのか。。。
単身等で一番安い金額で5万円以内~4人家族等の一番高い金額で22万円以内となっています。
やはりオフシーズンと比べると結構料金が上がってしまいますね。。。

その理由として、繁忙期はトラックの台数や作業員の人数を増やして対応する業者が多いようでその分引っ越し料金も高めとなってしまいます。

引越し先の都合や自身の都合で繁忙期でないと引越しが不可能というときは仕方ないですが、そうでない場合はオフシーズンを選ぶといいでしょう。

引越しって何かと費用も掛かりますので削れるところは削っておきたいですからね。

ちなみに、引越し費用をローンで支払うことも可能なのでどうしても繁忙期で引っ越しで、予算オーバーとなった時は利用してみてくださいね。

引越し費用ローン

 

 

0

将来必要になるお金のことで悩んでいます

Posted by namadai on 2015年9月30日 in 未分類 |

私が今悩んでいることは、将来必要になるお金のことです。

私は今30歳で、同じく30歳の夫、二歳の娘がいて、もうすぐ赤ちゃんが産まれます。
現在我が家には貯金が現金で200万、株・投資信託で約100万ほどあります。

3年前に中古住宅を購入し、そのローンが残り1100万円ほど。今は生活していくのに特に困ったことはありませんが、これから先子供たちが大きくなるにつれて必要になってくる食費などの生活費の増大、教育費、親の介護費用、老後の資金、年金の問題などなど考えると、もっと貯金したほうがよいのではないかという気持ちと、若いうちに節約しすぎて人生を楽しむことを忘れてどうするのかという気持ちがあり、もっと十分なお金があったら・・・と、お金について悩んでいます。

結婚した当初はお互いに貯金もなく、私は子供のことも考えてローンを組んで免許を取りに行きました。※免許ローン
少しでも不安を減らすためにしていることは、将来どの程度お金が必要になるのかをざっくり計算することです。

例えば、子供の進学費用。国立文系、国立理系に行く場合は入学金と4年間の学費が250~300万程度。私立ならその倍程度。医学部は1000万程度かかるため、うちの家計では厳しい。

その学費に加え、実家から通える範囲なら生活費は今まで通り、でも家を出る場合は4年分の家賃と仕送りが数百万、といったように、最低限かかるお金をざっくり計算することで、今から子供のために月々いくら積み立てておくかを計算することで、少しでも不安を減らしています。
また、病気や事故などの不慮の事態が起こった場合に備えて保険を見直したり、遺族年金などの補償制度についても時間をかけて調べました。それでも、やはり親の介護のことや老後のことは不透明なことなので、心配が尽きません。せめて、親が自分たちの老後費用や葬儀費用をしっかり備えていてくれればと思うのですが、なかなか話をしにくい話題で困っています。
ただ最近思うのは、20年、30年先のことばかりをくよくよ悩んでいると、あっという間に今が過ぎていってしまうのではないかということです。子供はかわいいさかりですし、今できることをひとつずつ見据えて、ひとつずつ解決していくしかできないのだから、大きな方針はしっかり持っておいて都度修正しながら、日々を生きていくしかないのかなあと思っています。

 

0

兄とは敵対関係にあるのか、いつも兄を避けてる

Posted by namadai on 2015年8月1日 in 未分類 |

これだけは他の人に言えませんし、言ったら軽蔑されるし、兄の事を悪く言ってしまうので言えない事をお伝えします。

実は、私は普段兄とは口をききませんし顔を合わせませんし、仮にそうすると気分が悪くヤクザみたいに口論になりまるで戦場みたいになります。

なぜそうなるかと言えば、私が幼い時から兄にいじめられたり命令されたりして兄に暴力ふるわれたり恐ろしい目にあってきたからです。

そして私は小学校時代には兄に似てる人によくいじめられ、実際死にかけました。

これは間違いなく兄に似た殺人未遂な事を犯した当時の同級生が悪いのですが、そういうこともあり兄の事を余計嫌になりました。

実際兄は私の事を過小評価し、何も認めてくれません。

それは私が定職にも就かないし稼げないし家事もしないし、親に迷惑ばかりかけてるから認めたくない気持ちもわかります。

しかし、過剰にバカにするし、私に舌打ちしたりひたすら私の悪口を家族の他の人に言ったりしてます。

そして兄からして私のイメージは小学校時代から変わらないかむしろ生きてる価値もない人間だとかそんな言われ方をしているのです。

いいえ小学校時代ならまだ良いけど、それにヤクザみたいにキレてむちゃくちゃになる時があるからガキの頃より低レベルでだんだん馬鹿になってるんじゃないかとも言われた事があります。

そんな暴言を吐かれ過小評価され、認めようとしない兄と口を聞かないし、一緒に食事をしようとしないし、兄が帰ってきても食事は後からとるように不自然極まりない行動をとっている私について本当に誰にも言いたくないです。

多分、カリスマ的存在としてヒーラーや芸人などで活躍してる私がそんな事を言ったら皆さんびっくりされると思いますので!

カウンセラーには相談した事がありますが、やはり昔からの出来事やいじめられ体験を通してトラウマになっているのは間違いないと言われました。インナーチャイルドに問題ありだと!

でも、大丈夫、8割型ヤクザとかになる、それ傾向の人はなる性質があるのに犯罪者とかになってないだけ安心して自分を認めて自分を愛して自分を抱きしめてあげてくださいと言われました。

 

Copyright © 2015-2017 兄との関係 All rights reserved.
This site is using the MultiBusiness Child-Theme, v3.1.4, on top of
the Parent-Theme Desk Mess Mirrored, v2.4, from BuyNowShop.com